サッカー

スポンサーリンク
メンタル

子供をやる気にさせる方法

子供が自分からやる気になること。 これは、指導者も、保護者ものぞむことですよね。 やる気がない子供たち。 お父さんやお母さんに「サッカーに行きなさい、ちゃんとやるのよ」 サッカーが好きで好きでしょうがないという子は、親に言われなくても 練習...
アジリティ

ラダートレーニングでステップワークを磨く

サッカーではボールを扱うボールタッチがとても重要です。 ボールタッチをよくするためには、実はステップワークがとても 大切なのです。 ラダートレーニングというと、速く走るフォームを作るという イメージがあります。 でも、ラダートレー...
アジリティ

【聖和学園女子サッカー練習方法】2タッチからスピードアップ

女子サッカーの底辺を作って来た国井誠一氏のユニークな理論のひとつとして、左右にボールをずらして、縦に抜くという技術があります。 またの下で左右にボールをコントロールする技術は珍しいものではありませんが、国井氏は、この方法がもっとも手っ...
コアトレーニング

シンプルな体幹トレーニング、バービー

体幹トレーニングが注目されています。 身体の中心、コア。腹筋や背筋の部分ですね。 小学6年生で、身体能力を判断するときに バービーをさせてみると、そのフォームやスピードで 体幹の強さがわかります。 バービーの動画を海上自衛隊の体操...
アジリティ

右足で取らない左足で取る【ボールに触れても奪えない選手の悩み解決!】

ボールを奪う時は、利き足でボールを突く場面が多いものです。こうして、インサイドで止める場面をよく見ます。 相手が持っているボールを突つくチャンスがあったらボールはどこへ転がりますか? 相手の後ろへ転がりますよね。 素早...
コアトレーニング

片足バランスは体幹トレーニングで バランストレーニング1

サッカーはボールコントロール、ボディバランス、ブレインという3つのBで上達するというキャッチフレーズで、皆さんにトレーニング方法や考え方を伝えています。 ボディバランスは欠かせない能力です。 長友佑都選手はボディバランスが抜群によいので...
コーディネーション

キックの途中で判断を変えるトレーニング 変換トレーニング2

小中学生にサッカーを指導していて、こういうプレーをして欲しいというイメージがあります。 それは、ボールを蹴る瞬間でも、判断を変えて、蹴ることを止めるというプレーです。 軸足を踏み込んでシュート体勢に入っている時、また、味方とアイコンタク...
アジリティ

相手、ボールから目を離さないステップワーク

サッカーの試合でよくみられるデフェンスのステップワークのトレーニングです。 正面に走る、横方向にサイドステップする。 このようなステップワークは問題なくステップが踏めることでしょう。 バックする時のステップワークはどうでしょうか。 ...
アジリティ

反射神経を鍛えたるトレーニング方法【リアクションボールで俊敏性を磨く】

サッカーを続けていると、ボールのバウンドを予測することは出来ますね。 それは、予測であって、反射神経とはちょっと違います。 例えばイレギュラーバウンドに対応するためには、ボールが地面や人間、ゴールなどに当たってから動きはじめる様子を...
アジリティ

上半身の動きを使ったフェイント

ボールはまっすぐ運びながら、体、上半身を左右に揺することで 相手は左右にずれてくれるフェイントがあります。 足をバタバタさせるのではなく、上半身を揺すること。 どちらかに動き出すフェイントですから大きく行います。 走りながらのボディフェイン...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました