1対1のトレーニングです。

ここでは、ネット付のミニゴールを使用します。

ネットにシュートすることが大切なんです。コーンゴールだとすり抜けてしまったり
コーンの高さよりも高いシュートの判定でもめたりします。

ネットを揺らす事が、サッカーでは「快感」なんですね。

子どもも大人も共通です。

オススメはこのゴールです。
1対1のゲームで、ゴールに触れても、スライディングしてゴールに
ぶつかっても怪我をする心配は少ないです。

サッカーミニゴールFUNG

このゴールを使って、1対1の練習をします。

ゴールは背中合わせに置きます。

ゴールの間も通れるように、1m程度離します。

ゴールから約10m程度はなれた位置からスタートします。

コーンを2本使用して、お互いにコーンの頭を手でタッチします。

コーチがコーンの間からボールを蹴ったらスタートです。

まず、1対1の攻防ですので、相手にボールを触らせないように
体を入れます。
☆この練習では、左右の位置を1回ごとに変えたほうがよいです

体を入れて、スピードで振り切ってシュートをしても、ブロックされるはずです。

フェイント、ターンを駆使して、相手をずらす工夫をします。

この練習の前に、ターンの練習、フェイントの練習をしておくとよいでしょう。

この練習ではグリッドは指定しません。
遠回りすれば非常に疲れます。効率よくターンをすることを
自然に覚えるはずです。

心肺機能を高める練習にしたい場合は、コーチはボールを遠くへ蹴りましょう。
どちらかのゴールマウスに向かって蹴っても良いでしょう。

1対1の攻防の中で、ターン、ダッシュ、緩急の変化、正確なキック、相手と体を
入れることなど、さまざまな要素が入っています。

練習のある日は1度は取り入れたいメニューです。

この応用として、2対2も面白いです。
方法は一緒です。

クリックすると拡大します。

味方同士がゴールを挟んで、ゴールの上をふわりと浮かせるような
パス交換をヘディングで決めるなど、ゴールの上の空間もスペースとして利用するという発想を引き出します。