メルマガリンク

スポンサーリンク
グループ戦術

デフェンスはカバーリングする走りが大切【しっかり戻ってチャレンジ&カバー】

デフェンスの場面では、ボールを奪いに行く人とカバーリングをする人が必要です。 ボールに一番近い人がボールを奪いに行きます。 もし、かわされてしまった時に備えてカバーに入ります。 カバーに入るためには、走って戻らなければならない...
グループ戦術

デフェンスの基本は戻ることから【奪われた瞬間に戻ろう!特にサイドの選手】

サッカーでは攻撃方向への走りだけでなく デフェンスをするために戻る走りも重要ですね。 メルマガの今月のテーマは ・ペナルティエリアに入り込む ・ペナルティエリアに入らせない というものです。 ペナルティエリアに入らせないためには...
トレーニング

パスワークで大事な事は【人とボールが出合うタイミング】を意識すること

サッカーはパスゲームと言われます。 しかし、止まった状態でボールがパスされるわけではありません。 パスはカットされる運命にあります。カットされないためにはどうすればよいのでしょうか。 動いている人が(ボールホルダーと言います)動い...
トレーニング

緩急をつけたプレーとは

サッカーのプレーでよく言われる言葉として 「緩急をつけたプレーをしよう」 というものがありますね。 パスした後の動きや、ドリブルで相手を抜く時の動きなど、スピードアップして、相手を置き去りにする時に効果的です。緩急の緩とは、ゆっくり~普通の...
トレーニング

サイドでのプレーでのポイント2

サッカーのプレーで大切なことは、視野の確保です。 ボールは地面にあるので、足でボールを扱いながら 相手ゴール方向を観るという事は「顔」を上げなければなりません。 サイドのタッチライン沿いでも、顔を上げることは大切ですが 中央付近でのプレーに...
トレーニング

サイドでのプレーでのポイント1

ピッチを広く使うためには、タッチライン沿いまで しっかりと使い切ることが大切です。 タッチライン沿いで、ボールを受けて攻撃するときに 注意して欲しいポイントがあります。 タッチラインを背にすると、どうしても体の向きが ピッチの中央を向きがち...
トレーニング

新学期からサッカーを始めたお子さん

5月も下旬ですね。新学期からサッカーを始めたお子さんが そろそろ壁にぶつかる時期かも知れません。 たとえば2,3年生の子が街クラブに入ったとします。 多くの家庭では、新学期を節目にサッカーを開始することでしょう。 高学年の5,6年生は「全国...
トレーニング

ワンバウンドリフティングしながら周りを見る練習

ワンバウンドリフティングは、小学1年生から6年生まで 誰でも出来るトレーニングです。 ワンバウンドリフティングは、リフティングの基本を見につけるための練習として だけでなく、実践的な練習にもなります。 ( この教材が最近発売されました。第1...
トレーニング

1対1になる前の動き

サッカーでは1対1の場面が必ずあります。 攻撃の1対1を考えてみましょう。 デフェンスのアプローチが鋭い場合は、1対1にするつもりは無くても1対1に なってしまうことがあります。 自分にパスが来る、ボールが移動している時に、攻撃方向を見てお...
トレーニング

ミニゴールを使った1対1のトレーニング

1対1のトレーニングです。 ここでは、ネット付のミニゴールを使用します。 ネットにシュートすることが大切なんです。コーンゴールだとすり抜けてしまったり コーンの高さよりも高いシュートの判定でもめたりします。 ネットを揺ら...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました