ボールを見る時間を短くする方法【周りを見る時間を長くして判断力をアップさせる方法】

スポンサーリンク

親子でできる簡単なドリルです。
試合や練習では、ボールはいつも見えるところにありますね。

見失わないように体の向きを変えたりするので、当然ではありますが。
実戦では、ボールをたっぷりと見る時間が無いものです。

相手のマーク、味方の動き、スペースなどボール以外のものを絶えず見続ける必要があります。
マークを目で追っていたら、目の前にボールが来て慌ててしまうということもあるかも知れません。

視野にボールが急に入ってきても、短時間しかボールを見る時間が無くても
ボールをコントロールできるように練習して見ましょう。

↓図解です(拡大します)

子供の背中にたって、ボールを肩越しに放ります。

子供は、ボールが視野に入ったら、ウェッジコントロールやクッションコントロールでトラップして
コーンに向かってドリブルする、壁に向かってシュートする、20mほど離れた場所に向かってロングパスをする。

これは、バリエーションをつけてください。
突然ボールを見ても落ち着いてコントロール出来るように練習しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました