サッカーの試合で、相手に攻撃された時の守備の方法はいろいろあります。

インターセプトが最優先ですが、パスが通ってしまったら「攻撃を遅らせる」ことが大事です。

図解です(クリックすると拡大します)。

少年サッカーあるあるは、相手がボールを持っている時に足を出して飛び込んでしまうことです。

相手は前に進んでいるので、飛び込んだらあっという間に抜き去られてしまいます。

なので、1.5mほどの距離をおいてバックステップしながらスピードアップさせないことです。

前に立ちふさがるだけでスピードアップ出来ないはず。

スピードアップしようとボールを大きく出したらチャンス!

ボールと相手の間に割り込んで、ボールを触らせないようにしましょう。

相手に背中を向けてボールと相手の間に体をいれます。

前を向いてボールを奪うよりも、ガッチリボールを奪い取れます。