ステップワーク

スポンサーリンク
アジリティ

前後左右にステップ・ステップ

親子で出来る練習です。 楽しみながらやってみましょう。 黒はお父さん、青がお子さん。 左右の距離は2m程度にしましょう。 1 キャッチボールから まず、キャッチボールしましょう。 お父さんから、バスケットのチェス...
アジリティ

冬のトレーニングで素早い動き作りを取り入れよう

サッカーでは、敏捷性が必要と言われますがいろいろな練習方法があります。 ラダートレーニングでフォームを作るということもよいでしょう。 オニごっこもよいトレーニングです。 特に小学生の低学年ではオニごっこでステップワークから、負けず...
アジリティ

アプローチの基本は「止まること」止まった後にすぐ動けることが大事

サッカーには、アプローチという守備の技術があります。 技術と言っても、走って止まるだけなので、軽視されがちですが、このアプローチをしっかりと身につけているかどうか、上達の決め手になります。 素早く寄せて、いったん止まる。 止ま...
アジリティ

右足で取らない左足で取る【ボールに触れても奪えない選手の悩み解決!】

ボールを奪う時は、利き足でボールを突く場面が多いものです。こうして、インサイドで止める場面をよく見ます。 相手が持っているボールを突つくチャンスがあったらボールはどこへ転がりますか? 相手の後ろへ転がりますよね。 素早...
コーディネーション

変換トレーニングその1【ステップを正確に踏む】コーディネーショントレーニング

トルテキというデフェンス強化テキストを配布していますが ドリブルへの対応方法に悩んでいるサッカー少年が多いようです。 デフェンス能力のアップに効果がある、サッカーのコーディネーショントレーニングを紹介します。 今回は、変換トレ...
アジリティ

相手、ボールから目を離さないステップワーク

サッカーの試合でよくみられるデフェンスのステップワークのトレーニングです。 正面に走る、横方向にサイドステップする。 このようなステップワークは問題なくステップが踏めることでしょう。 バックする時のステップワークはどうでしょうか。 ...
アジリティ

へそを見せない鬼ごっこ【鬼に背中を見せ続ける→ボールキープ能力のアップ】

鬼ごっこです。 ボールを持たないで鬼ごっこをします。 基本ルールは以前に紹介したへそタッチ鬼ごっこと同じですが、鬼と向かい合わないようにします。 鬼にへそを見せない、見せても一瞬ならOKですが、向かい合って左右どちらかにかわすとい...
アジリティ

アウトサイドシザースステップのトレーニング【しっかり踏み込むのがコツ】

サッカーでは「またぐ」というプレーが多いですね。 シザースフェイント、ターンオーバーフェイントなどのフェイントのほか、ターンもアウトサイドターンという非常に実戦では有効なターンの方法があります。 ボールを扱いながら、足を交差させると...
アジリティ

180度ターンステップ【体幹が出来ていないと難しいターン】

ラダートレーニングの一種です。ラダートレーニングといえば、片足ずつのトレーニングが多いですがこのメニューは一回のステップで180度回転するというものです。 実戦では、相手のボールを奪うときや、スクリーン状態を即座に作る時に役立つと思い...
アジリティ

よい体の向きを作るためのステップワーク

細かいステップが上手にできるようになると、ボディバランスがよくなり バックステップや方向転換が素早くなります。 ボール有りの練習でのステップも大切ですが、マーカーやペットボトルを使って 小さく、細かいステップの練習をしてみましょう。 ステッ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました