グループ戦術

スポンサーリンク
グループ戦術

ワンタッチパスのフォーメーション練習【動きながら正確にパス】

メルマガと連動したメニューです。 12月のトレーニングテーマは 動いてワンタッチパスを繰り返すです。 11月のトレーニングテーマは 動きながらコントロール でした。 コントロールの後は、パスかドリブルです。 ...
グループ戦術

ボール無しのデフェンス【マークの方法】

サッカーのスモールゲームでは2対2が最少単位です。 2対2のゲームは2対1を作る2対1を作らせないという、1対1の局面がオフェンスに有利であるという原則に基づいています。 1人増やして3対3の場合は、中央の選手の両サイドにパスコ...
グループ戦術

正確なパスをするためのよい体の向き(1)

サッカーのトレンドはパスサッカーです。 ワールドカップ予選で繰り広げられているサッカーはパスが基本です。 パスワークで相手ゴールに迫る。相手のパスをインターセプトして攻撃する。 パスサッカーに必要な正確なパスのトレーニングです。 よいパスを...
グループ戦術

パスの優先順位(3)前にパスを出す デフェンスが近い場合

攻撃をしかけたいが、相手のプレスが早くて前へのパスが出せない時があります。 簡単に攻撃、突破をあきらめないで、デフェンスが近い場合は、パスを出してやる足を選びます。 相手デフェンスより遠い足もとへ強く早いボールを送ります。 ...
グループ戦術

パスの優先順位(2)前にパスを出す デフェンスが遠い場合

前へのパス攻撃は突破を狙うパスです。 優先順位の第2番目は相手デフェンスの裏にスペースが無い、引いている場合です。 味方と相手マークの間にスペースがあるときは、味方の足にボールを出しますが、ゴールに近い方の足をねらって出します。...
グループ戦術

パスの優先順位(1)相手の裏をねらう

サッカーの攻撃では、パスを前方に出すことは基本です。 では、パス攻撃による優先順位とはどのようなものか考えて見ましょう。 第1番目に優先する事は、相手デフェンスの裏のスペースをねらうことです。 1本のパスで相手の裏にボール...
グループ戦術

実戦的なサッカーをしよう!2対2でプレゴールデンエイジでの練習

4年生以下の子供たち、特に2,3年生にとっては、自分とボールの関係しかないように見えます。 ボールをさわりたい、相手のボールを取りたい。 サッカーの基本はそこにあるようですが、相手ゴールを狙うこと、相手にボールを奪われないように...
グループ戦術

カバーリング チャレンジアンドカバーの考え方

サッカーのデフェンスでは、カバーリングというグループ戦術を使います。 **チャレンジアンドカバー**というデフェンスの考え方を、低学年から身につけたいものです。 ゲームではスイーパーを置かないで、相手フォワードと同数のデフェンスで戦うように...
グループ戦術

ワンサイドカットからカバーリング

2人でデフェンスをするという事は、役割を分けることが必要です。 ボールに近い人を1stデフェンダーとします。第一デフェンダーと読んでもよいでしょう。 1人目は、ボールが動いている間に相手に出来るだけ寄せます。 アプローチです。 ここでは、相...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました