■大切な小学3,4年生の時代
 
  こうして考えると、U12のサッカーはU10で決まるといっても過言ではありません。U10
で基礎がためをするためには、3年生に何をするべきか、という課題が生まれます。
                        
    ■低年齢に対してもスキルが要求されています。
  3年生でスキルを身につけるためには。その前に何をすればいいか。  
     1.サッカーの動きができるためのコーディネーション   
         これは、サッカーの複雑な動きをするためには、サッカーのミニゲームだ
         けでは身につけることが難しいので、「コーディネーショントレーニング」を
         行って、ボール練習や相手ありの練習でも体を上手に使う土台を作るこ
         とです。  
     2.鬼ごっこを見直してみませんか      
         ビブスを腰のあたりに挟んで、お互いのビブスを取り合う。        
         いわゆる「しっぽトリ」のトレーニング。     
         この遊び感覚のトレーニングで、身に付くことがあります。    
        (1)攻めに出る気持ち    
        (2)背後の気配を感じ取ること    
        (3)ビブスを取られずに相手のビブスを取る、かけひき   
        (4)連続して、ビブスを取りに行く「積極的な姿勢」    
        (5)とられて悔しい、とって嬉しいという勝ち負けと成功体験    
        (6)回りを見ておいて、鬼の居場所を判断して、かけひきする。  
     3.相手がいる状態でもいない状態でも慌てないでプレーできる。
         これは難しいかもしれませんが、自信がついてきてはじめて 「かけひき」
         ができると思います。スキルの多くは「かけひきに使うもの」という土台 
         と、サッカーではボールを持っていると相手が必ず取りに来るスポーツな
         ので、取られないたには、ドリブルのスキルを磨くことと、回りを観る能力
         を身につけるしかありません。   
          また、相手が近づいてくるのが当たり前で、この相手とかけひきするこ
         とがサッカーだという事に気がついて欲しいものです。