ボディバランス

スポンサーリンク
パス

ボールを蹴った後、のけぞっていませんか?【フォロースルーを身につけるには?】

サッカーでは、ボールを蹴る時に片足になります。 パスアンドゴー、パスアンドムーブといいますが、キックフォームの後に、すぐ動けることがとても大切です。 のけぞりフォームになっていませんか? すぐに動けませんよね、例え、蹴ったあと...
アジリティ

ラダートレーニングでステップワークを磨く

サッカーではボールを扱うボールタッチがとても重要です。 ボールタッチをよくするためには、実はステップワークがとても 大切なのです。 ラダートレーニングというと、速く走るフォームを作るという イメージがあります。 でも、ラダートレー...
アジリティ

【聖和学園女子サッカー練習方法】2タッチからスピードアップ

女子サッカーの底辺を作って来た国井誠一氏のユニークな理論のひとつとして、左右にボールをずらして、縦に抜くという技術があります。 またの下で左右にボールをコントロールする技術は珍しいものではありませんが、国井氏は、この方法がもっとも手っ...
コアトレーニング

片足バランスは体幹トレーニングで バランストレーニング1

サッカーはボールコントロール、ボディバランス、ブレインという3つのBで上達するというキャッチフレーズで、皆さんにトレーニング方法や考え方を伝えています。 ボディバランスは欠かせない能力です。 長友佑都選手はボディバランスが抜群によいので...
アジリティ

上半身の動きを使ったフェイント

ボールはまっすぐ運びながら、体、上半身を左右に揺することで 相手は左右にずれてくれるフェイントがあります。 足をバタバタさせるのではなく、上半身を揺すること。 どちらかに動き出すフェイントですから大きく行います。 走りながらのボディフェイン...
ボディバランス

ボールコントロールとボディバランス

サッカーのトレーニングでボールを扱うときは必ず片足になります。 片足で立つ時間が長くなるとボディバランスがみだれてボールコントロールに ミスがでやすくなります。 またまたスーパーチビッコの登場です。 室内でも出来る練習です。小中学生のみんな...
グッズ

ボディバランストレーニングの役立ちグッズ

サッカーのトレーニングは、ゲームやミニゲームなど「試合形式」が上達の近道だと 思います。 しかし、サッカー少年がワンランク上を目指そうとしたら、ボールコントロールとともに、ボディバランスの能力をアップさせる必要があります。 まずサッカーに...
アジリティ

へそを見せない鬼ごっこ【鬼に背中を見せ続ける→ボールキープ能力のアップ】

鬼ごっこです。 ボールを持たないで鬼ごっこをします。 基本ルールは以前に紹介したへそタッチ鬼ごっこと同じですが、鬼と向かい合わないようにします。 鬼にへそを見せない、見せても一瞬ならOKですが、向かい合って左右どちらかにかわすとい...
ボディバランス

体幹トレニング【腹筋編】足が速くなる、当たりにまけないようになる

体幹トレーニングは、コアトレーニングとも言いますが、サッカーではぜひ鍛えておきたいものです。 まず、腹筋編です。 片足で立って、ひざをモモが床と水平になるように上げます。 腕を広げないで、胸の前で軽く手のひらを重ねて力を抜きます。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました