「少年サッカー最強指導法」のKAZUさんによると、この商材の購入者の中には保護者もいたという事です。

情熱あふれるおとうさんコーチや、お子さんのクラブをお手伝いしているサポーターが、子供たちを上達させたい、強いチームにしたいという気持ちはよく分かります。

チームの練習以外に、個人トレーニングは何をやればいいのか。

そのような関心は誰しもが持つものでしょう。

子供たちは、コーチといる時間よりも、練習時間よりも、親といる時間が圧倒的に長いのです。






オフザピッチの部分はコーチからも指導されているでしょう。

サッカー少年は、小さなアスリートであるべきだと考えます。

グッドプレイヤーとして、次の事が出来ているかチェックしてみましょう。


  • 生活の基本が出来ている事
  • 好き嫌いなく食べる事できる
  • サッカーに必要な準備を自分でできる
  • 自宅でもサッカーについて考える時間を持っている
  • サッカーをさせてもらっている事に感謝の気持ちをもっている
どうでしょうか。

これは、ほとんど、親が指導、教育できる事ではないでしょうか。


サッカー少年をサポートするのはおとうさん、おかあさんなのです。

KAZUさんのサポートマニュアルは、その大切さを説明しています。

ほとんどの親は「サッカー少年の親」もはじめてのはずです。

マニュアルが参考になるでしょう。