アジリティ

スポンサーリンク
アジリティ

180度ターンステップ【体幹が出来ていないと難しいターン】

ラダートレーニングの一種です。ラダートレーニングといえば、片足ずつのトレーニングが多いですがこのメニューは一回のステップで180度回転するというものです。 実戦では、相手のボールを奪うときや、スクリーン状態を即座に作る時に役立つと思い...
アジリティ

セカンドボールを拾う【予測のプレー】

サッカーでは空中にあるボールの落下点を予測することができると非常に有利です。 ボールが空中を飛んでいる時間に、落下点を予測して移動する事。 目でとらえて、走るというプレーには予測が不可欠です。 でも、飛んでくるボールを一回でとらえ...
アジリティ

空間認識、浮いたボールへの対応

サッカーは3次元にボールが移動します。 浮いたボール、特にゴールキックやクリアーボールなど、3m以上浮いたボールへの対応となると「空間認識」の能力が必要となります。 野球は、ボールが空中に浮いたままプレーするスポーツなので、ゴロを捕...
アジリティ

5mのダッシュで相手を振り切る 前傾姿勢をとろう

少年サッカーでは足の速さはメリットですが、成長過程の中では中学、高校と体が 成長する中でいつかは仲間に並ばれる、追い越されることもあります。 しかし、すばしっこさを身につけておくと、体の大きさに関わらずサッカー選手としてトクな 場面が多いも...
アジリティ

よい体の向きを作るためのステップワーク

細かいステップが上手にできるようになると、ボディバランスがよくなり バックステップや方向転換が素早くなります。 ボール有りの練習でのステップも大切ですが、マーカーやペットボトルを使って 小さく、細かいステップの練習をしてみましょう。 ステッ...
アジリティ

サッカーのステップワーク 大股ステップのクロスステップ

ステップワークトレーニングのバリエーションです。 一人でもできる元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法から。 進行方向へのステップは、比較的容易でしょう。股関節を開きながらステップするのでジャンプしやすいはずです。 今度は...
アジリティ

サッカーのステップワークトレーニング 大股ステップ

サッカーの移動はステップワークです。 走る事とステップワークは似ていても違います。 ステップワークは360度方向に体の向きを変え、体を移動させなければ なりません。 そのためには、頭と足をステップワークトレーニングで連携を良くしてお...
アジリティ

ステップワークのトレーニング50mステップ【フィジカル&心肺機能向上】

サッカーはステップワークに始まってステップワークに終わると言ってもいいほど 縦横無尽なステップワークが必要になります。 直線ダッシュからのバッククロスステップなど、ステップの切り替えは サッカーの動きでよく見られる動きですが、練習...
アジリティ

サッカーとラダートレーニング 規則性のあるステップ

サッカーで必要なアジリティトレーニングとして、ラダートレーニングをします。 ここでは、前後の「シャッフル」をしてみましょう。 右足から入ります、左足も続きます。 次のマスに右、左と入り、次に右、左とバックします。 次に、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました