2009年全日本少年サッカー大会は名古屋グランパスU12の優勝でしたね。

準優勝の新座片山FCもフルタイムプレスをかけ続け、グランパスの自由を奪いました。
両チームとも素晴らしいプレーを見せてくれました。

全国のサッカー少年、少女も練習のモチベーションが上がったことでしょう。
さて、夏休みの大きな大会も一段落、秋に向かってのトレーニング頑張っていますか?

全日本少年サッカー大会を見て、うまいなあ、強いなあと思っていただけでは上達しません。
上達するためには練習が必要ですが、どこから手をつけていいかわからない。
そんな選手のためのテキストが第2号の夏休みテキストです。

私が少年サッカーを見て、この子はサッカーを知っているなあ、楽しんでいるなあと思う子がやっているプレーとはどんなプレーか。
そんなプレーをひとりで、または、親子や友達どうしで練習する方法はないか。

そんな内容で第2号を作りました。

スキルはいっぺんには身に付きません。しかし、ひとつ大切なスキルが身につくと、その他のスキルも雪だるま式に上達していきます。

オールマイティーの少年サッカー教材としておススメの越智さんのDVD教材をさらに、活用するためのテキストとメールサポートを無料でつけています。

第2号も26ページのテキストです。

今後、夏休み中にあと2つのテキストを配布予定です。

↓テキストです(クリックすると拡大します)

この夏、越智さんのDVDとNABOコーチのテキストとメールサポートで上達したい人におススメします。
ゴールデンエイジは一生に一度。そして夏休みは「伸びる時期」です。

今回はさらに、点取り屋やフォワード希望、ストライカーになりたい、とにかく点を取りたい、シュート大好き、という少年にうってつけのDVDが出たので紹介します。

それは、城彰二さんのゴールからの逆算というDVDです。

このDVDの購入者にも夏テキをお付けします。プラス、このDVDを10倍活用するテキストも現在作成中ですので、ぜひ活用してください。