サッカーの練習方法としてコーディネーショントレーニングが有効であるということが広まってきましたね。

この2,3年でしょうか、サッカー用のコーディネーショントレーニングメニューもたくさん増えてきました。

ここでは、一人でもできる元Jリーガー越智隼人が教えるサッカー上達法から、2人一組、親子でもできるコーディネーショントレーニングを紹介します。

サッカーコーディネーションのトレーニングメニュー

2人で向かい合います。

ボールを2つ使います。

お互いにボールを投げ合い、キャッチします。

ボールがぶつかないようにするためにはどうすればいいですか。

そうですね。上と下を決めて交互に交代します。

上に投げたら、次は下に投げる。

この繰り返しです。

ポイントと効果は「動作と見る」事を同時に行うことです。

ボールを投げた瞬間に相手から来るボールを見てキャッチの動作に入る必要があります。

手と足を使ったトレーニングメニュー【コーディネーション】

■バウンドさせないでキャッチボール

■バウンドさせてキャッチボール

バウンドさせたら、次は普通に投げる。交互に行う事はポイントです。

見る事、見て体が反応する事、次の動きを瞬間的に考える事がミックスされています。

大人でも慣れないと難しいですよ。

詳しくはこちらをご覧ください

【サッカー】一人でもできるサッカー上達法オンラインは越智隼人さんの自信作