チームクラッキの動画を使って
3対3+1のゲームを見てみます。
[「全く才能が無い子でも一流選手になるための唯一の方法」](http://link.naotech.info/kurakki.html)より
自宅の練習では、このような練習は出来ないですが
このようなDVDを見ておいて、チームでの練習に活かすことが、教材の活用法です。
コーチをされている方、お父さんコーチは実際にメニューに取り入れてみましょう。
チームクラッキの[「全く才能が無い子でも一流選手になるための唯一の方法」](http://link.naotech.info/kurakki.html)には、このようなシンプルで効果のあるメニューが
たくさん収録されています。

動画を見るポイント
●フリーマンの意味
フリーマンがいるということは、攻撃側が有利になる仕組みであること。
デフェンス側が1人少ない状況で、ゴールさせないために、どうすればよいか。
ボールを持ったら、シュート。
または、味方がボールをうばったら、シュートできるポジションに移動すること。
動画を見ると、出来ている子、判断の遅い子がよくわかります。
●4ゴールの意味
サッカーのピッチには幅があります。
幅を十分使い切るとスペースを活用することができます。
4ゴールゲームでは、どちらのゴールもねらえる、選手が横に広がって幅を作ることが
目的です。
空いているゴールを目指す。混んでいたら、サイドを変える。
サイドチェンジをどんどんしていきましょう。