パスを受ける動き出しのタイミング【スクエアパスの練習で身につけよう】

スポンサーリンク

パスを受ける動き出しのタイミングの練習です。
今回はスクエアパスで行います。

8m~10m四方のグリッドを作ります。
マーカーやコーンを使います。

選手は5人。各マーカーの後ろに立ちます。
スタートのマーカーには2人置きます。(図のA)

ここから左周りにスタートです。

Bに向かってパスし、Bのマーカーの後ろに向かって走ります。

Bにいた選手は、ボールがAから蹴られたらマーカーから離れて、バックステップしながら右足のインサイドでコントロールします。
スタートのパスからの動き出しはAがボールを蹴った瞬間ですね。

B、C、Dの選手たちはとなりの選手からパスが出されたタイミングで動き出すのではなく、ひとつ前のボールの動きを見ます。
Dの選手は、BからCにパスが蹴られた瞬間に自分の前のマーカーから離れます。

実は、このマーカーは「デフェンス」です。

マークから離れるタイミングは、Cからのパスを受ける時でなく、BからCにパスが出されたタイミングです。

ひとつ前のパスで動き出す。

スタート前

AからBへ

動き出しのタイミング

コメント

タイトルとURLをコピーしました