ラダートレーニングは、正確なステップワークばかりが
目的と思われがちです。

大切なことは、体を起して顔を上げる努力をすること。

ステップを正確にしようと思うあまりに、背中を丸めて地面を
見つめていては、ラダートレーニングのためのラダーになってしまいます。

クラッキのラダートレーニングを見てみましょう。

 


【少年サッカー】元Jリーガー9名!全く才能が無い子でも一流選手になるための

唯一の方法より

簡単なメニューですが、ぎこちない子もいますね。でも、数分後には
上達しているでしょう。

このようなラダーの目的とは何でしょうか。

目的は、頭(脳)と足を結ぶ神経を発達させることです。

無意識に複雑なステップが踏めるようになること。

小学生の場合、複雑と思われるステップでも30分以内でマスターできるでしょう。

この「クラッキ」の動画を見てもわかるように、上手な子はリズム感があります。

このようになったら、上半身を起こして顔を上げることで、実戦に使えるように
なります。

ワン、ツー、スリーのリズムを左右交互に踏みますが、ラダーが無くても
ステップできるようになると、顔も上がってきますよ。

顔が上がるという事は周りが見えるという事。

周りが見えるという事は、判断のための情報がたくさん入ってくるという事。

ラダートレーニングがゲームに間接的に役立つという事ですね。

詳しくは>>【少年サッカー】元Jリーガー9名!全く才能が無い子でも一流選手になるための

唯一の方法より