コーンドリブルはボールコントロールの練習としてはよいのですが
コーンに集中してしまい、回りが見えなくなることがあります。

試合では、ドリブルしながら顔を上げて回りを見ることがとても重要です。
普段の練習で、ドリブルからパスを出せるようにトレーニングしましょう。

1 コーンを並べます。6個から、8個。1~2m間隔。コーンの先にはゴール。
コーンゴールまたは、フットサルゴール。

2 ボールを持っている人の後ろにもうひとり。サポートが付きます。
ドリブルスタートしたら、サポートは左右どちらに走ります。
走るタイミングは、前の人がコーンの中盤に差し掛かったところです。
距離は横に3mから5mぐらいです。

3 ドリブラーは声をかけられたら自分のタイミングでパスを出します。
出しても止まらずゴール前まで並走します。

4 ゴールまでドリブル並走しながら、コーンが切れたところでパスを出します。
パスをうけたらワンタッチでシュートです。
この時、フットサルゴールを使ってもよいですし、キーパーをつけてもいいでしょう。

画像です。

 


conedori1

 



conedori5

 



conedori4

 



conedori3

 



conedori2


ドリブルトレーニングならドリブル初級編がオススメです。

>>ドリブルドリル基礎編(JSC CHIBA)

スポンサーリンク