少年サッカーの指導者とをサポートする保護者の方々とともに、私もあらためて、オシム氏の次の言葉を考えてみました。