JFAアカデミーではトレーニングに「壁打ち」を導入しています。

テクニカルアドバイザーのデュソー氏が「蹴る、止める」の精度を上げるためには、集中して反復練習をすることが重要だと指摘しています。

 


公認指導者に配布される「テクニカルニュース」や雑誌「サッカークリニック」に、その成果が徐々に出てきているとのレポートがありました。

プレスのきつい状況でも、精度を保ったパスが出せるようになった。との事でした。

プレッシャーの中で精度をキープするためには、ノープレッシャーで100%の精度でキックできることが必要でしょう。

ジュニアユースの年代はひたすら壁に向かって蹴り続けることができます。

「壁は疲れない」「ミスしない」相手です。

ジュニアの年代にも必要な練習ですが、シュートボードを利用する事が一般的でしょう。

でもこのような壁打ちに代わるグッズもありますので、ぜひ使用してみてください。

 

rebaunder

 

rebounder0021

ゴムネットなので、壁よりもスピードのあるボールが返ってきます。蹴ったあとにバランスを保てないとリバウンドボールのトラップができません。

こういう練習をコツコツとやっていくと成果がでるでしょうね。