サッカーの練習にはリアリティが求められます。
ゴールが有る状況と無い状況では、サッカーの練習のリアリティが各段に違います。
最近はグランドに固定するタイプのゴールが危険ということで、サッカーの練習に
使ってはい行けないという小学校もあるとか。
私たちコーチも、ゴールを目指せ!と指導しているのにゴールが「カラーコーン」では
迫力に欠けると思っています。
小さいゴールでもよいのです。ネットを揺らす快感を得る事が目的です。
できればフットサルゴール(幅3m、高さ2m)の大きさがよいでしょう。
組み立て式を購入したこともあります。
樹脂製で、さびないのはよいのですが、組み立て時間と保管場所に
困っています。
最近、画期的な組み立て式ゴールが発売されました。
このゴールは、なんと鉄を使っていません。
空気でフレームを膨らませる方式です。
しかもネットがフレームに付属している。
自転車の空気入れのようなもので、5分で完成。
フレームが強化ビニール素材なので、丈夫で、しかも
ポストに当たっても怪我をする事がありません。
組み立て式は、フレームを組んだあとのネットを張る作業も
一苦労です。
この画期的な組み立て式ゴールであれば、子供たちに空気入れを
させている間に、コーチ同士のミーティングもできます。
もちろん、屋外だけでなく、室内で使え、収納はバッグに収まります。
われわれコーチ達は、効率的なトレーニングのためにこのようなグッズも
研究しています。
サッカー、フットサルの試合、練習に欠かせないゴール。
画期的な組み立て式ゴール、空気で5分です。