高校サッカー選手権のベスト4が決まりましたね。
大迫選手(鹿児島城西、鹿島内定)がマスコミでクローズアップされています。
バイタルエリア(ペナルティエリアとその前のシュートレンジ付近)で落ち着いてますね。
相手ゴール前で慌てるFWが多いと、日本のユース年代から代表では言われています。
滝川第二とのゲームで見せた、ドリブルからの切り返しも非常にキレがいいですが、あそこまでのプレーは、他にもできる選手はいるでしょう。
評価すべきはシュートコースです。


切り返しで、GKの対応が遅れ、左に揺さぶられていますが、逆サイドにスワーブ気味のシュートは「ゴールに入れる」という感覚のシュートです。
「打つ」というシュートではなく、「放り込む」と言う表現がぴったりですね。
その後のアシストも、「力み」がありません。空間認識が素晴らしいのでしょう。
シュートシーンだけ見ると、カウンターアタックからのシュートシーンであることは明らかです。
押しこんでいる場面での狭いスペースでのプレーが見たいところですね。