サッカーで大切なスピードアップのトレーニングは、ドリブルだけでなく、パスワークにも必要です。
ここでは、ボールのスピードとボールをパスしてからのスピードをタイミングよくコントロールするトレーニングをします。
はじめはノープレッシャーで敵をつけないで行います。
ジグザグパスのイメージで、ボールは常に味方の前でちょうど合うように強さをコントロールします。
そして、味方からもらうためには、パスしたらスピードアップしなければボールを受けることができないので、パスした足が第1歩になるようにスピードアップします。
ポイントは次の通りです。
– 味方のスピードをよく見る
– ボールのスピードをコントロールする
– 前に出してやる。前でもらう。スピードを落とさない。
– はじめはインサイドパスで、しっかり面を意識する。
– キックを正確に!
オプションとして
ダイレクトでのパス、距離を離してのパス(はじめは7mぐらいから。徐々に離れて、15mぐらいでパス交換ができるように)
図解です(クリックすると拡大します)
speedpass1.gif