ゴール前でダイレクトパスからシュートをする場合、ボール無しの選手にはマークがついています。
ポストとなる選手は、マークがついていない味方にボールをパスする判断が必要です。
そのトレーニングの予備として次のようなメニューで、ボールと敵と味方を見る事ができるようにします。

  • CからAに強めの縦パスを入れます
  • デフェンス役はこのときに、B(両サイドに配置)のどちらかに寄ります
  • Aは、デフェンダーの動きとBの動きを見ながら、ダイレクトでパスを出します

ポイントは、Aがボールばかりみないで、敵と味方の動きを視野にいれることです。

ダイレクトパスは状況判断で、Bがシュートを打ちやすい場所へ出します。

Bはボールを受ける動きに工夫をしてみましょう。

dpas4.gif