サッカーのトレーニングでは、少年少女のサッカーから大人のサッカーまで
両足を使うことが当たり前のように行われています。

向い合ってのパント練習、キック練習、トラップ練習も左右交互。
シュート練習も左右交互に行います。

でも、試合で使う足は利き足なんですよね。

正確にクロスをあげようとすれば、右利きの子が左サイドにいたら
切り返して右であげるでしょう。

切り返すことで、相手にブロックされれば元も子もないですけど。

ワンチャンスで足のどこで触っても1点になりそうというときは右も左も
選んでいられないですよ。

このように、サッカーの試合では、左右の足を使わなければいけない場面と
利き足を使わなければならない場面に別れると思います。

そんな「利き足」上達法について、紹介サイトを作成しましたのでぜひご覧になって下さい。
>>利き足でボールを持って、短期間に上達する方法

公式サイトでは、動画も見られますので、参考にして下さいね。

スポンサーリンク