今日の本題は「アプローチ」です。
サッカー用語でアプローチという言葉は主に練習で使われます。

小学4年生で、アプローチという言葉をはじめて聞くという場合は、チームでは別の名前を使っているかも知れません。

「素早く寄せる」

という事なんですが、「寄せる」とか「プレスをかける」という言葉ならイメージが沸くと思います。

このアプローチなんですが、試合に出ている選手なら「意味」をしっかりと理解して欲しいと思います。

なぜかというとサッカーの試合で

アプローチ=ボールを取りに行くこと

と勘違いしている子が多いからです。

取っちゃダメという事ではありません。アプローチした結果に取れるならそれでOKなんですが、取りに行こうとして寄せることと、寄せて相手に自由を与えないということは、別なんです。

3年生以下・・・・いや、3年生でもアプローチは覚えて欲しいです。
2年生以下なら、元気よく相手のボールを取りに行こう!という事でいいと思います。

4年生以上なら、(この時期の4年生はもうすぐ5年生ですよね)理解して下さい。
素早く相手に寄せることまではOKですよね。

スポンサーリンク



では、「いつ」寄せますか?
相手の足もとにボールがある時に、猛ダッシュして寄せるというシーンを見ることがあります。

相手をフリーにしちゃいけない!

その通りですね。
じゃ、聞きますね。

そのスタートをもっと早く切れませんか。
「うん、早めにスタートを切ればいいんんだよね」

その通りです。
「じゃ、早めにスタートを切って、素早く寄せよう、いいアプローチをしよう」

こう言われて、子供たちはイメージが沸くでしょうか。
物分りがよい子は自分でつかむかも知れません。

でも、ボールばかり見ていると「早いスタート」は切れないので、そこはお父さんなり、コーチなりが、サッカーの仕組みを一緒に考えてあげるとよいと思います。

教えるのではなく、一緒に考えるというところがミソですね。

パスは人から人へ渡るものです。
ボールは一瞬では移動しません。

ボールが移動する距離が長ければ長いほど時間がかかります。

距離と時間。
これ、キーワードです。

サッカーは距離(いいかえればスペース)と時間の奪い合いとも言えます。
これは、少年サッカーでも国際マッチでも理屈は同じです。

スタートを切るタイミングという話をしましたが、一番早くスタートが切れるのはどのタイミングでしょうか。

approach01

 

AからBにパスが出る時、C君はこう考えます。

「このボールはBにパスが出そうだな、ボールに蹴られたらBに素早く寄せよう、上手く行けばインターセプト出来るかも知れないな」

このように考えられるようになるためには、Aとボールだけを見ていてはダメです。
もっと早くスタートを切るためには、ボールに触る瞬間でしょう。

早すぎると、相手に読まれて、パスを辞めて、Cが動いた逆をとってドリブルで仕掛けてくるでしょう。

やっちゃいけないのは、アプローチ2のようにボールを追うパターンです。
ボールを追い回して、疲れるだけです。

ここまで、親子で一緒に考えられるといいですね。

答えは言わないで、考えてみることです。
蹴られたボールはピッチの途中で曲がりません、カーブをかければ別ですが。

さて、話を戻しますね。
Bがボールを受けられる状態かどうかまで見ておきます。
上達してくると、Bのマークをゆるくして、わざとBにパスを出させてボールを奪います。

アプローチというテーマでしたが、ボールだけを見ないことという結論になりそうですね。

でも、もっと大切な事があります。

それは、Bにすばやいパスが渡ってしまい、前を向かれそうな時に、猛烈にダッシュしたC君は、Bの動きに対応しなければならないということです。

もっと言うと、猛烈にダッシュして、飛び込んで、Bにワンタッチでかわされたら意味がないという事です。

ここで重要なことは、「止まること」

Bが上手くトラップして、C君をドリブルでかわそうとした瞬間にC君は、反転してB君に抜かれないようにしなくてはなりません。

または

パスの方向を制限するように、ゴール側に立って、パス方向をゴール方向に出させないようにすることです。

アプローチとは、相手に素早く寄って相手の自由を奪うことです。
C君は素早く寄せることで、有利になり、プレッシャーをかけることが出来ます。

4年生以上のサッカーで、この基本が身についていると、守備であわてなくなります。

「止まるステップワーク」については、まだまだ書きたいところですが
このメルマガを読んでいる方でコーチをされている方は、こちらのサイトをご覧ください。

>>サッカーのコーディネーショントレーニング

基本は「対人」と「タイミング」なんですね。

スポンサーリンク