ドリブルトレーニング 中級編~2つのコーンで差をつける方法その2です。

クライフターンをダブルで使って、2人の間を抜くというイメージです。
クライフターンそのものがちょっと難しいという人は、クライフターンを両足でできるようになることからトライしてみましょう。

クライフターンはいくつかのメリットがあります。
ひとつは軸足の後にボールがあるので、相手から軸足でブロックできるということです。

ただし、背後でボールを扱うのでボールを見ないでタッチできるようになる必要があります。

また、足首のインサイドや足裏でボールを引くボールタッチの正確性が必要なことと基本的に足首の柔軟性が必要になります。

軸足でしっかりとバランスを取ることが大切です。

そして、このメニューでは相手がどう動くかというイメージを持つことが大切です。
ボールコントロールだけでなく、ボールを動かすことで相手がどういう反応になるのか。

チームの練習で何度か試して見るとよいでしょう。

サッカーはボールを扱うことと相手の動きの逆を取ることの両方が必要です。

このクライフターンダブルが実戦で使えるようになるためには、練習でたくさん失敗を繰り返すことが必要です。

2つのコーンを使った練習で仲間に差をつけよう!



クライフターンをダブルで使って2人の相手を抜くというドリルです。
クライフターンが両足でできることが前提になるので、中級編の中でも難度が高いです。
コーチのデモンストレーションどおりにJSCCHIBAのジュニアの選手たちは・・・
川島監督のアドバイスに注目です。

さっそく、実践練習してみました。
中級編のポイントは、相手を想定すること、それも1人ではなく、2人。
この動画の続きでは2人目の動きについて、川島監督が解説しています。

子どものサッカー上達にお悩みの指導者、保護者の皆さんへサッカー経験が1年以上の中級者に、初級者と同じ練習内容を与え続けていては、ステップアップは時出来ません。
でも、どんな練習をすればいいの…?

ジュニア指導歴25年、1,500人を超える子どもたちを指導したJSC CHIBA代表 U-12監督「川島和彦(かわしまかずひこ)」が子供たちをメキメキ上達させる「ドリブル指導の極意」を遂に公開!
“1,500人以上の子どもを指導してわかった”試合で活躍できる
選手を育てる「サッカー指導の秘訣」とは…?

詳しくはこちら
>>わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA『ドリブルトレーニング 中級編』

DVDを見ながら練習する時の「補助テキスト」を作成しました。
このサイトから購入された方に無料で差し上げます。
お問い合わせフォームからお申し込みください。

定評のあるJSC CHIBAの川島監督監修のドリブルDVDシリーズの中級版が人気です。

スポンサーリンク