ゴールを使った1対1の練習です。
青がオフェンス、赤がデフェンス。

赤が青にボールを出して、1対1のスタートです。

ゴールを使うと、完全に抜ききらなくてもシュートを打ててしまうので、オフェンスはシュートを打つこと、デフェンスはシュートコースをカットすることが目的になります。

この練習でも、大切な事はオフェンスのファーストタッチです。
目の前のデフェンスは真後ろのゴールを守ろうとアプローチしてくるのでどうすれば、コースが空くのか、ずれるのか考えることが大切です。

2goalMatch

基本は、横にずらすこと、ファーストタッチでボールを置く位置で勝負が決まると言えます。
ボールをトラップして、オフェンスを待つようなことではNGです。
積極的にデフェンダーを動かすボールタッチを心がけましょう。

また、シュートまで時間をかけないことも必要です。
1対1の場面は実際の試合では数多くありますが、1対1の時間は短いものです。

仲間のサポートが来たら、そこで2対1になります。
デフェンスもカバーが来たら、そこで2対1になります。

2人かけなくても抜けること、奪えることが出来れば他の選手は、サポートに位置して攻撃を分厚くすることが出来るはずです。

スポンサーリンク