そのアウトサイドトラップ・・・
それを続けていたら上手くなれないぞ!

サッカーの試合でよく見かけるシーンのひとつ。
苦し紛れのトラップです。

パスが悪いときもありますが、ボールをトラップして次のプレーを考えていないときってありますよね。

そんな時、アウトサイドトラップで、とりあえずトラップしていませんか。
パスされたボールにやっと追いついたとき、アウトサイドでタッチしている事が多くないですか。
アウトサイドでトラップしたとき、後ろに相手デフェンダーがいるパターンが多いです。

もし、早めに追いついたら、インサイドでトラップして前を向けるかもしれないです。
前を向くことができれば、左右にかわすことや、シュートを打つこともできるかもしれませんね。

最初の場面です

inmae1

出足が遅れて、アウトサイドでトラップすると・・・・

inmae2

素早くスタートを切って、前を向くことを
意識できていれば・・・

inmae3

相手から遠い足でトラップすることは良いことです。
でも、ボールへの寄りが遅い結果、アウトサイドでトラップすることは、ラクをしているのでは?
前を向くためのトラップ、まわりを見るためのトラップを心がけると、アウトサイドトラップが減るかも。

スポンサーリンク