サッカーのパスは、足もとへのパス、スペースのパスなどに分類されます。

小さなスペースに走りこんでボールを受けることや小さなスペースにボールを出して走りこませるプレーが実戦的と言えます。

パススピードに合わせてコントロールする技術とは、ボールのスピードを見て走るスピードを調節して、目的の場所でコントロールします。

マーカーを通りすぎてもダメ、マーカーの手前でもダメ、マーカーのポイントでピタっとボールに触ることができるように走るスピードとタッチする足の出し方をコントロールします。

動画では、ボールを出す役割の人はゆっくりのボール、速いボールを使い分けてください。
親子で練習するときに正確にコーンにボールを出せない時は、手で転がしてもOKです。