攻撃の時、選手の体は相手ゴールを向くことが理想です。
しかし、ボールを追い越した位置にいる場合は、ボールが後からパスされるので
ボールと攻撃方向の両方が見える体の向きが必要です。
たとえば、サイドにいる選手がボールを受けるとき、サイドに開いているにも
関わらず、ボールにヘソを向けてしまうと、相手ゴールが見えません。
当然、敵の位置も見えません。ボールを失う可能性が大きいです。
少なくともよいトラップはできないでしょう。
karadanomuki02.jpg
この図のように、ボールにヘソを向けないで、視野をひろくして、相手もゴールも見える
カラダの向きでボールをもらうと、トラップもしやすく、次のプレーがしやすいですね。
ボディシェイプのよい例として、サイドにいる場合ですが、図では止まっているように
見えますが、動きながら、図のポジションに移動することがコツです。