サッカーでは全てのプレーはシュートのためにあります。
シュートを外すことが不安で打てないのでは、サッカーは楽しくありませんね。
親子で楽しくシュート練習をやってみましょう。

シュートがなかなか入らない!キーパーに取られてしまう

試合でけっこうシュートを打つけれど、キーパー正面という経験はありませんか。

ペナルティエリアでは、余裕がないので、見えたもの、つまりGKが見えたとしても
GKの構えたところへキックしてしまうものです。

このような練習はいかがでしょうか。
実践的ですよ。

まずゴールキーパーを見る、そしてゴールキーパーの取れないところへシュートする練習です。

ゴールがあればいいのですが、壁やネットなど、ボールが跳ね返るものを使うとよいでしょう。

回数をたくさんやると上達するのでこのようなモノが便利です。
それは壁打ちリバウンダーというグッズです。

>>壁うちリバウンダーを詳しく見てみる

リバウンダーを使った練習方法

ゴールから約10mはなれたところにコーンを2本並べます。
コーンをドリブルでかわして、シュートします。

ここでポイント。

親はGKの役割ですが、ドリブルしてコーンをかわしているうちにゴールの左右どちらかに移動してください。

(1)最初はGKへパスするようにキックします

え、GKにパスするの?と思うかもしれませんが、足元でも胸でもよいので、GKを狙ってください。
強いボールでなくてかまいません。正確に狙ってください。

↓ 図解ですクリックすると拡大します

(2)次にゴールキーパーが届かないところをねらいます

ゴールキーパーのいないところを狙うと言いたいですが、実際は届かなければ十分なので、GKの手足が届かなければOKです。

無理にGKから遠いネットを狙おうとするあまりにポストの外へ出てしまう事もあるようです。

ここでも、親は子どもがコーンをかわして顔が上がる前に、左右どちらかに移動します。

出来れば、ラストタッチした方向に移動します。より実戦的です。ニアですね。

↓ 図解ですクリックすると拡大します