サッカーのプレーで大切なことは、視野の確保です。
ボールは地面にあるので、足でボールを扱いながら
相手ゴール方向を観るという事は「顔」を上げなければなりません。
サイドのタッチライン沿いでも、顔を上げることは大切ですが
中央付近でのプレーに比べれば、タッチラインの外側を観なくてもすむので
視野を確保しやすいです。
しかし、タッチライン沿いの子供たちは、相手ゴール方向よりも、
中央のボールに体の正面を向けてしまい、相手ゴール、攻撃方向の視野を
確保することが出来ない場合があります。
サイドでのプレーこそ、体の向きと視野の確保が大切です。
次の紙芝居動画のような動き方を参考にしてみて下さいね。

攻撃方向と逆方向の足にパスをしてしまうと、攻撃の時間がロスしますね。
攻撃方向側の足にパスをすると、(この場合は右足です)トラップした瞬間に
視野を確保する事ができます。
基本は、視野が十分にとれるフォームでボールを受けることです。
敵は(相手デフェンスは)、自分を見ているか、ボールを見ているか
攻撃する選手の視線や体の向きを見て、寄せてきます。
攻撃方向を向かせないようにしむけるデフェンスに対して、
よい体の向きでボールを受けることは、「セオリー」とも言えるでしょう。