ピッチを広く使うためには、タッチライン沿いまで
しっかりと使い切ることが大切です。
タッチライン沿いで、ボールを受けて攻撃するときに
注意して欲しいポイントがあります。
タッチラインを背にすると、どうしても体の向きが
ピッチの中央を向きがちになります。
ボールに「ヘソ」を向けてプレーをするとどうなるか。
紙芝居動画をつくりましたので、ごらんください。

視野が、ピッチ中央にあるボールばかり見ていると
攻撃方向にいる敵の位置が見えません。
その状態でボールを受けると、敵はデフェンスの存在に
気が付いていないと感づいて、素早くプレスをかけにきます。
上手く敵の存在に気がつけば、ターンで攻撃方向を向くことが出来ますが
ボールを何回も触らなくてはならないため、ボールコントロールのテクニックが
必要になります。
また、パスをくれた味方にボールを戻すという方法もあります。
リターンパスです。
慌ててボールを戻すと、敵にインターセプトされてしまいます。
うまく、味方とワンツーパスが成功すれば、相手陣内に攻め込む事が
できます。
でも、体の向き(ボディシェイプ)をもうひとつ工夫すると、もっとプレーがスムーズになります。
次の記事をご覧ください。