動きながらボールをコントロールするトレーニングで気をつけてほしいことがあります。
ボールコントロールするときにボールが浮いてしまうことがあると思います。
その時はボールの下をタッチしていることが多いものです。
つまり、ボールが地面についている状態でボールに触れば、ボールの勢いと
ボールへ寄る足の動きの勢いでボールをはじいてしまうことがあります。
**ボールをコントロールする足は地面につけないように意識してみましょう。**
軸足もボールをタッチする足も膝を軽く曲げてリラックスします。
ボールを足元に止めずに、次にパスしやすい位置にコントロールするためには
ボールをよく見て、ボールの勢いを吸収する必要があります。
↓図解です(クリックすると拡大します)
ballwokonntororusuruasi.gif