今日のミニゲームで気づいたこと。

ゴールキーパーをローテーションで行うのですが、普段、キーパーをしていない子は、ボールを手にするとボーンと蹴ってしまいます。

公式戦でキーパーをしている子は、サイドバックの足もとに、スッとボールを転がしてつなぐのですが・・・

やはり、見るとやるとでは大違いですね。

キーパーをローテーションでやる効果を確認しました。
ボーンを大きく蹴ったボールは、相手チームのヘディングで跳ね返されます。

マイボールにするためには、競り合いのこぼれ球を拾うか、セカンドボールを狙うしかありません。

キーパーボールも、スローインも「マイボール」です。

マイボールをマイボールとして運び続けることでゴールが生まれます。
ゴールキーパーもまず、足元の技術を磨かなくてはなりません。

今日配信したメルマガにパスのことを書きましたが、
吉田理論をあらためて知って欲しいと思いました。

>>パス上達理論「吉田理論」とはこちらをクリック

パス上達の2つのコツとは!
コーチの方はきっと共感出来る部分があるはずです。




スポンサーリンク