ボールを足もとに置いた方が相手に取られにくい。

それは先入観かも知れません。

相手のいないスペースにボールを運ぶことが、相手に奪われない
秘訣です。

小さなタッチのドリブルが得意な少年は多いですが、もっと広いスペースでドリブルすればいいのになあと思うことがあります。

そのための練習が、ランウイズザボールです。
あまりに基本的過ぎて、練習していないかも知れません。
でも、これが出来るためには、高いテクが必要なんです。

・スペースを見つけること
・ファーストタッチでグリッドに入るような強さ
・ボールスピードに合わせた走り

自分から自分へのパスなんです。



ひとりで出来るパス。混戦から脱出したかったらこの「大きなドリブル」を
上手に使いましょう。

詳しい練習方法はこちらをどうぞ!
>>ドリブルタッチの練習方法を見てみる



スポンサーリンク