少年サッカーの試合を見ていると、気がつくことがいくつかあります。

相手デフェンスを抜いて、ゴールキーパーと1対1になってからシュートを打つという場面があまりにも多いとおもいませんか?

確率の高い方法ですが、デフェンダーにブロックされる場面も多いものです。

相手デフェンダーを左右にずらし、完全に抜ききらないでシュートを打つ。

相手を左右にずらすこと、重心の逆を取ることをしないとシュートはブロックされてしまいます。

相手の足が出てこないようにしてシュートを打つこと。
ぜひトライして下さい。

nukikiranaishoot

相手チームがしっかり引いている時は、カバーリングが入るのでブロックされてしまう可能性が高いです。

逆に、カウンター攻撃からであれば、抜ききってからの方が確率が高いでしょう。

図のように、前がかりで崩しを入れようとしている時こそ相手デフェンダーをずらしてシュートを打つことにトライして欲しいものです。

素早いステップ、踏み込み、シュートの振りがポイントですね。

前を向くことを習慣にしましょう。ミスを恐れない!

スポンサーリンク