少年サッカーの試合を見ていると上手いなあという場面を
いくつか見ることがあります。
そんなプレーのひとつがこのプレーです。

前受け反転は正式名称ではないです(勝手につけました)
ボールを要求して、強いボールだったらこの場合は右足でタッチして
相手と対峙します。
しかし、弱いボールの場合はまずマイボールにする必要があります。
その時には、相手より先にボールを触るよりも、相手に触れせない工夫をします。
相手に触らせない工夫は、相手とボールの間に体を入れること。
ここまでは出来るかも知れませんね。
さて、ここでは左足でタッチして、右で反転し、相手を回転させて
前に出てしまうというものです。
相手とボールの間に体を入れるだけだと「スクリーン状態」ですが
最初から反転ターンをするつもりでプレーすると、前に出ることができます。
相手の出方、ボールのスピード、反転する技術、ボールタッチの技術
これらが揃わないと成功しません。
でも、練習することで身につけることができます。
左右の回転が出来ると強みですね。