少年サッカーの指導者とをサポートする保護者の方々とともに、私もあらためて、オシム氏の次の言葉を考えてみました。





大事なのは今日の結果ではなく、
明日子供がどんなプレーをするかを楽しみにすること。

勝つことと育てることは、矛盾すると同時に矛盾しない。
その矛盾の間でコーチは生活している。

イビチャ・オシム


代表監督だった頃に、指導指針U12の「コーチング哲学」の冒頭に記された言葉です。


コーチも、保護者も考えてみましょう。

私は、少年サッカーは長い目で将来を見ることが大切で、結果にこだわるべきではない。
勝つことは子供たちのモチベーションをあげ、育成の方向の確認に必要である。
しかし、勝つことにこだわると育成の方向を見失ってしまう。
そこに矛盾がある。と解釈しています。

負けたゲームの中でも、よいプレーがあれば見つけて褒めてあげること。
これもコーチと保護者の役割だと思います。

負け