試合中、トラップをしたものの、相手の寄せが速くて近すぎてしまった時
ボールを引いて、軸足も一緒にステップして相手から離れるというテクニックです。

hikidama

ボールを引く時にはちょっとコツがあります。
ボールのてっぺんをつかまえる時は、拇指球で捉えること。

拇指球とは親指の付根の膨らんだ部分です。

しっかりつかまえるために、ボールをちょっと押し潰す感じで引くと確実に引けます。
引いた足もすぐに、地面につけることが出来て、次に逆足でタッチする準備ができます。
大きく引くことがポイントなので、軸足をおもったよりも大きくステップして相手から離れましょう。
この動きは、JSC CHIBAのドリブルドリル中級編で紹介されています。

>>詳しくはこちら「JSC CHIBAのドリブルドリル中級編公式サイト」

スポンサーリンク