子供が自分からやる気になること。
これは、指導者も、保護者ものぞむことですよね。
やる気がない子供たち。
お父さんやお母さんに「サッカーに行きなさい、ちゃんとやるのよ」
サッカーが好きで好きでしょうがないという子は、親に言われなくても
練習に行きます。準備もします。毎日、ボールに触ります。
しかし、親が無理やりサッカーをさせて、思ったような効果が出ないという
子供たちにとって、サッカーが苦痛になったとしたら?
それは親子ともに不幸なことです。
そんな子供たちを指導するコーチの立場になって考えてみます。
なんとか、コツをつかんでサッカーの技術を身につけて欲しい。
それをきっかけにして、サッカーを好きになって欲しい、負けて悔しいと
思ってほしい。
子供をやる気にさせる気持ちに、保護者もコーチも区別が無いな。
そう思います。
クラブチームや選抜チームのなかでは、やる気が見えなければ、それでおしまいという
こともあります。
街クラブではそうは行きません。
辞めない限り、指導します。
親に対して、長い目で見てくださいと言います。
親も、どうか指導をお願いしますという。
子供のやる気を引き出す方法ってあるのかなあ。
そう思いませんか。
サッカーのような団体競技、チームスポーツはまさに競争ですが
テニスのような個人競技は、自分との戦いです。
子供をやる気にさせる方法
サッカー、ミニバスケ、テニス、野球、バドミントン、水泳などなど
共通する言葉「やる気になる秘訣」とは?
子供にやる気を起こさせたい、指導者、コーチ、そして保護者の皆さん。
[>>子供がやる気になる方法!](http://www.mlritz.com/click.php?pid=hBxM5BC&aid=hBxM5Kb)
気になりませんか。